• アプリケーションに適したメーターを選択

LaserPoint社のソリューションの特徴は、レーザ測定への柔軟なアプローチです。さまざまなセンサーメーターを利用できるため、スタンドアローンのポータブル機器の測定値をPC画面で読み取るか、メモリデバイスに保存することができます。

PLUS2

Plus 2
注文コード:
PLUS2

接続性:

  • ヘッドにDB15
  • PCにUSB

すべてのサーマルセンサーおよびパワープローブ(FIT-H)用のメーター(繰り返し周波数最大6HzまでのBlink FRを含む)およびフォトダイオードセンサー。

Plus2は、レーザやその他の光源の光パワー/エネルギーを測定するように設計された、ハンドヘルドで軽量のタッチスクリーンメーターです。 4.3インチのカラータッチスクリーンディスプレイと、直感的で人間工学に基づいたグラフィカルユーザーインターフェイスを備えており、1回または2回のタッチですべての特性を活用できます。

装置は、最長15時間の稼働時間で、USB充電式リチウム電池で動作します。

その機能の中で、Plus2は構成可能なアナログ出力と簡単なデータ保存を提供します。

PC-LINK

注文コード:
PC-LINK

接続性:

  • ヘッドにDB15
  • PCにUSB

すべてのサーマルセンサーおよびFIT-H用のメーター。

Blink FRとフォトダイオードはサポートされていません。

PC-LINKは、あらゆるPCまたはラップトップをサーマルセンサーヘッドからのパワーとエネルギーを測定、分析、記録する強力な機器に変換するスマートな「センサーヘッド-PC」インターフェイスです。

PC-LINKには、シングルチャネル用の使いやすい通信ソフトウェアが付属しています。

PC-LINKは、表示を必要とせずに完全な統計分析を提供します。

ソフトウェアには多くの数学関数が含まれています。

PcPlug V3

注文コード:
センサーヘッドのコード

接続性:

  • PCにUSBまたはRS232

すべてのサーマルセンサーとパワープローブ(FIT-H)(最大6Hzの繰り返し周波数のBlink FRを含む)およびフォトダイオードセンサー用の統合メーターヘッド。

PCPlugメーターレスシリーズのセンサーは、ディスプレイを必要としないが、今やユビキタスなコンピューターで測定値を分析および表示できるすべてのアプリケーション用に特別に開発されました。

RS-232バージョンは、パワー測定をレーザ加工システム内に統合するための最も便利なプラットフォームです。

PCPlug USBセンサーは、USB接続から供給電力を取得しますが、RS-232バージョンの要件は+ 12VDC入力のみです。

HSM

注文コード:
HSM-1000

接続性:

  • ヘッドにHSコネクター
  • PCにイーサネット

Blink HS用の高速メーター(HSM)。

HSMは、イーサネットを介して高速センサーBlink HSをPCに接続し、レーザパルス列のデータを取得して表示し、エネルギー、パワー、繰り返し周波数、ピークパワーなどの多くのレーザパラメーターの統計を実行するために特別に開発された高速エレクトロニクスです。

HSMは、最大500 Mサンプル/秒のサンプリングレートでデータをサンプリングして、最大1 MHzの繰り返しレートの各単一超短パルスの正確なエネルギー測定を提供できます。

HSMでは、オシロスコープモードを使用して、取得したレーザパルス列をPCに表示できます。

注文コード
HSM-1000Ask for quote