Galileoソフトウェア

GALILEOは、測定機器の簡素化と使いやすさを一歩前進させます。すべてのLaserPointリードアウトエレクトロニクスと互換性のある単一のソフトウェアで、あらゆるラップトップを真のパワーおよびエネルギーメーターにします。Galileoは、任意のLaserPoint社メーター(PLUS2、PC-Plugシリーズ、PC-link)からのデータをそのまま読み取り、表示できます。

完全に新しいグラフィックインターフェイスは、ユーザーフレンドリーで直感的で、すぐに使用できるように開発されました。 ユーザーはマウスを数回クリックするだけで測定プロセスを開始でき、すぐに測定の準備ができます。

Galileoには、新しい便利な機能が追加されています:

– ログに記録されたデータのビジュアライザ(詳細な分析のためにトレンドグラフにログに記録されたデータをロードするのに役立ちます

– プロセスパラメータが事前設定された範囲内にあるかどうかを監視する機能(これは、レーザプロセスを制御し続け、測定値が事前に設定された制限の外にある場合は常にアラームを生成します)

– インターネット経由の自動ソフトウェア更新。

– ズーム、自動サイズ変更、時間フローの3つの表示モードなど、トレンドグラフの新機能。

– 最大4つの異なるセンサーヘッドの管理

– ユーザー定義のレーザビームサイズに基づく出力とエネルギー密度。

PCの処理能力を使用して、Galileoは読み出し電子回路から高速でデータを収集し、スムーズで高速な方法で情報を表示します。

特定のヘッドに関連するすべての設定は、使用中のPCに保存されます。これにより、センサーが同じPCに接続されるたびに、同じ設定をリロードできます。

Galileoのメインウィンドウの上部にあるタブコントロールは、マウスを数回クリックするだけで測定を設定するためのすべての関連機能をホストします。 選択された表示モード(デジタル、トレンド、アナログ)に応じて、大きく視認性の高い領域が測定データの表示に使用されます。

Galileoは、ウィンドウをさまざまな方法で配置して最大4つの異なるセンサーヘッドを管理し、最も効率的な視覚化を実現できます。

測定モード(Measurement Mode):パワー、エネルギー、FIT(パワープローブ)のいずれかの測定モードを選択して、パワーデータをワットまたはジュールで表示できます。

フルスケールレンジ(Full Scale Range):最大4つの異なるフルスケールレンジ(電子機器に依存)を選択して、測定分解能を向上させることができます。

ラムダ(Lambda):使用中のセンサーの波長を設定します。 「Wavelength Selection」(波長選択)ページには、ヘッドのEEPROMに保存されているプリセットされた最も一般的な波長の表が表示されます。リストに表示されていない他の波長でセンサーヘッドを使用する場合は、「Edit nm」(nmの編集)ボックスで1 nmの解像度で選択できます。

表示モード(Display Mode):パワー測定データの3つの異なる表示モードにアクセスできます。

  •  デジタル表示:測定されたパワーの瞬時値を表示します。色付きのバーは、測定値をフルスケールの一部として表します。
  •  トレンド表示(パワーモード):レーザパワーの変化(Y軸)を時間(X軸)の関数として表示し、測定された関数の瞬時値を表示します。統計情報はディスプレイの上部に表示されます。さまざまなコントロールが下部にあり、測定データの表示をカスタマイズできます。  エネルギーおよびFIT(パワープローブ)モードでのトレンド表示表示はヒストグラムのようなグラフになり、測定した各エネルギーまたはパワーが垂直バーとして表されます。最後の測定値も表示されます。統計情報は、ディスプレイの上部にあります。
  •  アナログ表示:針のような表現とデジタル形式の両方で、測定されたパワーの瞬時値を表示します。

「Start Tuning」(チューニング開始)キーは、光学アライメントの調整機能をアクティブにします。操作中に到達したMAX値とMIN値が更新されます。

統計とロギング:このタブは、データロギングや統計など、測定データの詳細を制御するためのコントロールをホストします。

データロギング:測定データを「.txt」ファイルに保存し、外部プログラム(Excelなど)を使用して開いて管理できます。

スナップショット:スクリーンショットを画像ファイルとして保存します。

統計:測定値の統計データを提供します

タイプ:統計データの取得と詳細化には、3つのオプションがあります。

-連続:データの取得と詳細化が継続的に行われます。

-繰り返し:データは、ユーザーが定義した期間内に繰り返し収集および加工されます。

-シングル:データは、ユーザーの定義された期間内の単一の実行で収集および詳細化されます。

オペレーターがパワーまたはエネルギー密度(W / cm2またはJ / cm2)として示される値を使用して作業する必要があるかどうかにかかわらず、ビーム面積は、ビーム形状パラメーターの挿入後に自動的に計算されます。

ゲインとスムージング:

倍率(Multiply Factor)は、測定値に補正係数(> 1または<1の場合があります)を掛けるのに役立つツールです。 たとえば、パワーメーターがビームスプリッターの背後にあり、レーザビームを監視している場合、ビームスプリッターの減衰を考慮した係数を信号に掛けて、全パワーを再構成できます。

センサーの自然応答時間は、そのまま(自然)または加速することができます。この場合、機器の内部アルゴリズムにより、いくつかの要因(ヘッドのタイプによって異なります)で応答時間が短縮されます。