ハイスピードメーター(HSM)

ハイスピードメーター(HSM) HSMは、イーサネットを介してハイスピードセンサーBlink HSをPCに接続し、レーザパルス列のデータを取得して表示し、エネルギー、パワー、繰り返し率、ピークエネルギーなどの多くのレーザパラメーターの統計を実行するために特別に開発されたハイスピードメーターです。

HSMは、最大500 Mサンプル/秒のサンプリングレートでデータをサンプリングして、最大1 MHzの繰り返しレートの各単一超短パルスの正確なエネルギー測定を提供できます。 フェムト秒パルスまでの超短パルスレーザに適しています。

HSMは、取得したレーザパルス列をPCに表示できる「Oscilloscope mode」(オシロスコープモード)と、ユーザーが取得したレーザパルス列のさまざまなパラメーター、例えば、各パルスのエネルギー、パワー、繰り返し周波数、ピークパワーの動作を監視できる「In Time Parameters」(時間内パラメーター)の2つの異なるモードに従って機能します。ユーザーフレンドリーなグラフィックユーザーインターフェイス(Blink-HS-GUI)がHSMに付属しており、2つのモードを使用してPCにデータを簡単に表示できます。HSMの外部電源は12 Vで、最大電流は2 Aです。 Blink HSセンサーは、センサーに付属の特定のマイクロ波ケーブルを介してHSMに接続されています。HSMの測定分解能(%、フルスケール)は0.1%で、測定精度は+-1%です。トリガーINおよびトリガーOUT SMAコネクターがHSMのフロントパネルにあり、外部トリガーソースからのHSM測定をトリガーしたり、内部トリガー信号を提供したりできます。