顧客主導のOEMセンサーのサプライヤー

LaserPoint社は、稼働中のパワーを監視するためにレーザ装置に簡単に統合できるコンパクトなパワーセンサーを開発しました。 20年以上にわたり、LaserPoint社はOEMパワーおよびエネルギーセンサーを世界の主要なレーザメーカーに供給してきました。 R&D活動は、特に新しいアプリケーションまたは新しい検出器の設計に関して、依然として強力です。

LaserPoint社の OEMレーザ測定製品の利点

LaserPoint社が製造するセンサーディスクは、高感度と低インピーダンスが特徴です。高感度は、低出力で作業するときに信号対雑音比を最大化するために重要です。これらのセンサーディスクを中心に、完全なOEMヘッドが設計され、お客様の要件と仕様に基づいて、筐体、冷却システム、増幅電子機器を付属しています。同等のアプリケーションで使用される可能性のある他のタイプのセンサーと比較すると、サーモパイル検出器は、高出力でもビームに直接適用できます。

同等のアプリケーションで使用される可能性のある他のタイプのセンサーと比較すると、サーモパイル検出器は、高出力でもビームに直接適用できます。

LaserPoint社のセンサーは、UVから遠赤外線まで、また、集中したビームで使用できる堅牢な材料とコーティングで作られています。極端な出力密度でも検出器を損傷するリスクはありません。

LaserPoint社は、サーモパイルに動作範囲全体にわたって高度な直線性を提供し、大きなビーム形状に適した広い応答領域を提供します。

サーモパイルセンサーは、応答領域に当たったときのビームの位置とサイズにほとんど影響されません。したがって、調整はそれほど難しくはなく、OEMアプリケーションのインストール時間は短時間で済みます。

例えば、CO2、エキシマ、レーザダイオード、Nd-YAGなどのレーザの正確で信頼性の高い測定を、3 Wから200 Wまで競争力のある価格で提供できるようにすべてが設計されています。

すべてのOEMセンサーは、一連の社内検査と品質管理を受けます。これには、感度とインピーダンスの個別のテストが含まれます。 要求に応じて、NISTまたはPTBトレーサビリティを備えた完全なキャリブレーションを利用できます。

現在のカタログで必要なものが見つからない場合は、要件に合ったカスタムセンサー、ハウジング、電子機器を設計できます。 弊社のアプリケーションエンジニアにテクニカルサポートを依頼してください。光学素子、レーザ、熱的挙動、材料に関する幅広い知識があり、お客様の要求にお応えします。

OEMソリューションの標準構成

langJAOEMソリューションシリーズ説明
langJASD-センサーディスク裸線、ハウジング無し、冷却システム無し、電子機器無しでサーマルセンサーディスクは提供されます。 SDの商談機会では、エンドユーザーのお客様と直接話し合った後、LaserPoint社によって個別に評価されます。
langJACS-ケース入りセンサーハウジング付きサーマルセンサーディスク(CSA-空冷、CSW-水冷)
langJAAH-増幅ヘッドアナログ信号の増幅、フィルタリング、および加速用の電子機器が付属したケース付きサーマルセンサーディスク。
langJABC-Blink高速応答セル裸線、ハウジング無し、冷却システム無し、電子機器無しでBlink高速応答セルは提供されます。BCの商談機会では、エンドユーザーのお客様と直接話し合った後、LaserPoint社によって個別に評価されます。
langJABO-Blink OEM用Blinkセルは、ハウジング付き、最適化された熱交換器付き、信号増幅、フィルタリングおよび加速用の電子機器を装備して供給されます。
langJABA- Blink増幅タイプBlinkセルは、ハウジング付き、最適化された熱交換器付き、アナログ信号増幅、フィルタリングおよび加速用の電子機器を装備して供給されます。
langJAFIT H-高速統合型サーモパイルハウジングと最適化された熱交換器付きのパワープローブ