高速応答レーザセンサー

OEMおよび実験用アプリケーション向けに設計

BLINK FRは、新世代の高速応答レーザセンサー(特許出願中)です。画期的なテクノロジーに基づいて、標準のサーモパイル検出器では得られないハイスピードを達成します。

times

標準のサーモパイルセンサー

より数十倍高速

power

パワー密度機能:

1.5KW/cm2

active

応答面積:

16x16mm

range

波長域;

250nmから1100nmおよび10.6ミクロンまでの波長域の測定

BLINK FR

卓越した技術

BLINK FRセンサーは、独自のテクノロジーによって、最大60Wまでの直接高出力動作ができる同等のサーモパイル検出器と同じ広い応答スペクトル域、パワー密度性能を達成し、かつ90 ms(標準)の自然応答時間を達成します。

ポインティング安定性、高速ドリフト、出力不安定性などのいくつかの現象は、検出器が非常に高速で応答する場合にのみモニタリングできるので、応答時間はレーザ検出器にとって重要なパラメーターです。 しかしながら、すべての光検出器がそうであるように、光検出器を高速にすると、高出力の検出に耐えることができません。逆に、検出器が入力パワーに耐えられる場合は、低速になります(サーモパイルセンサーまたはペルチェデバイスのように)。

フォトディテクター(フォトダイオードを使った検出器)は<1ns未満のパルスに応答できますが、直接レーザパワーの計測では 数ミリワットにしか耐えることができません。高速応答という利点は、ほとんどのアプリケーションで、応答時間を0.1〜0.2秒に短縮する標準の読み出し回路によって損なわれてしまいます。

サーモパイル検出器は本質的に低速です。その自然な応答時間は、最大定格パワーにもよりますが、一般に1秒から数十秒の範囲です。 > これらの自然応答時間は、電子回路と高速化アルゴリズムによって短縮できますが、800ms-1秒未満には到達できません。これは、非常に低パワーのヘッドの場合のみです。

これらの自然応答時間は、電子回路と高速化アルゴリズムによって短縮できますが、800ms-1秒未満には到達できません。これは、非常に低パワーのヘッドの場合のみです。 これは、以前は不可能であった多くのアプリケーションへの道を開くため、レーザ出力測定の革新的な機能です。

高速応答レーザセンサー

low-power-lasers

LaserPoint社に問い合せ

アプリケーションについて議論するために私達に問い合わせてください

注文方法:

Plus2 MeterへのDB15ヘッド接続のオプションなしで注文コードを選択

USB接続の注文コードに接続オプション「U」を追加します(PC-PLUGシリーズ)。

RS-232接続の注文コードに接続オプション「R」を追加します(PC-PLUGシリーズ)

langJA注文コードパワー範囲エネルギー範囲有用なアパーチャースペクトル範囲冷却接続性
langJABL-W-50W-16-K30 mW - 50W20 mJ – 5 J16x 16 mm0.2 – 25 µmWaterDB15