Fit - Cronos

多くのアプリケーションでは「長時間」のパワーモニタリングを必要としませんが、パワーレベルに問題がないかどうかを監視するためだけであれば、スナップショットの測定値で十分です。レーザ出力の安定性を長時間にわたって測定する必要がなく、また、多くの場合、レーザ装置が冷却水を利用できないため、パワー測定器が水冷を必要としないとなれば、保守作業が飛躍的に容易になります。これは、「パワープローブ」と呼ばれる異なるクラスのパワーメーターの世界です。パワープローブは、ディスプレイを備えた電子機器に接続されたスタンドアローンのパワーメーターです。 一般に、このタイプの機器は、一定の時間で温度差を測定し、シンプルなデジタル表示を備えたメーターです。 FITおよびCRONOSは、快適で安全な操作を提供するために、LCDディスプレイや重量のバランスなど、細部にわたって人間工学に基づいて設計されています。

LaserPoint社は、マイクロプロセッサベースの温度ダイナミクス測定によってレーザパワーを計算する2つのシリーズの完全自動レーザパワープローブを使用して、フィールドに真のブレークスルーをもたらしました。 それらの測定および集積技術では、測定を実行するために必要な時間を自己決定します。データ取得は、設定された熱パラメーターしきい値を検出することによってトリガーされ、停止されます。吸収体は、反射が少なく、損傷しきい値が高いのが特徴です。 特にハイパワーの数キロワットのCRONOSは、オペレーターへの危険な後方反射を回避するために凹型の円錐形状をしています。

FITシリーズ

全自動、低/中出力プローブシリーズ
3モデルで500mWから500Wまでをカバー。
デュアル波長(CO2およびYAG)、
±1%の再現性
±3%の精度
50Wプローブで10 mWの分解能
ユーザーによる再較正が可能

Cronosシリーズ

全自動ハイパワープローブシリーズ
3モデルで1.5Wから10kWまでをカバー。
デュアル波長(CO2およびYAG)、
±2%の再現性(5および10KWモデルでは±5%)
±4%の精度
10KWプローブで1Wの解像度
ユーザーによる再較正が可能