Fit-IPL-Rは、IPL(インテンスパルス光)アプリケーション用に設計された完全自動のハンドヘルドエネルギーおよびパワーメーターです。

Fit-IPL-Rの測定とデータ取得は完全に自動化されているため、この手法では、オペレーターによるエラーがほとんどありません。

Fit-IPL-Rは、フラッシュランプのシングルショットエネルギー(最大350ジュール)と平均パワー(バーストモード動作時)の両方で、最大100 Wまで測定できます。

Fit-IPL-Rの革新的な測定コンセプトにより、測定と表示の時間が10秒に短縮され、優れた再現性(±1%)、精度(±3%)、高分解能(10 mWおよび100mJ)で、測定範囲の広いダイナミックレンジ(f.s.の1%まで)が得られます。

広帯域検出器は、400 nmから1400 nmの範囲で機能します。これは、ほとんどのアプリケーション(光脱毛、皮膚の若返り、にきびの治療、血管病変および色素性病変、乾癬)の対象範囲です。

Fit-IPL-Rのアブソーバーのコーティングは、ランプのスペクトル帯域幅を狭めるためにフィルターが使用されている場合にも完全に応答します。この吸収体は、非常に高いパルスエネルギーが関与する専門的なシステム(医療やクリニック)の極端なフルエンス(最大90J / cm2)に直面しても大丈夫であるように設計されているため、非常に堅牢です。さらに、セミプロのシステム(美容院)や消費者向けのシステム(2〜10J / cm2)で操作できるため、柔軟性にも優れています。

Fit-IPL-Rには、ゲルまたは水結合のハンドピース用のウィンドウがありますが、空気結合IPLも測定できます。

ユニットには、ハンドピースによって供給されるフラッシュランプエネルギー(またはパワー)を同時に表示する多機能LCDが搭載されています。 また、動作モード(エネルギーのシングルショットまたはパワーの繰り返し)、プローブモデル、およびバッテリ低下の警告も表示されます。棒グラフはセンサーの温度を示し、センサーがその最大許容温度に達する前に、オペレーターがさらに測定を実行できるかどうかをオペレーターに通知します。さらに、プローブのステータスは2色のLEDで表示され、機器が測定の準備ができているかどうか、読み取りが進行中または終了しているかどうか、冷却が必要かどうかを示します。

この機器の重要な機能は、ユーザーに与えられた、カスタム参照と一致する可能性、または感度を変更するために使用できる横方向のマイクロスイッチを使用して社内で再校正する可能性です。

1 cm2ダイアフラム(10x10mmまたは20×0.5 mmとして入手可能)を頭部に取り付けて、フルエンス(J / cm2)の値を患者に知らせることができます。

Fit-IPL-Rはボタン1つで操作できます。 非動作状態が5分間続くと自動的に停止し、常に最後の測定値をメモリに保存します。 2つの一般的な単三電池で、最低4000回の測定が可能です。

langJA注文コードパワー範囲エネルギー範囲有用なアパーチャースペクトル範囲冷却外寸
langJAFit-IPL-R1 W - 100 W3.5 J - 350 J 20 x 60 mm0.4 - 2.1 µmConvection60 x 100 x 26 mm (sensor head)
89 x 71 x 39 mm (electronics)