フォトダイオードセンサーは、入射したレーザ光子をキャリア(電子と正孔)に変換します。これらは後で電圧または電流として測定されます。低ノイズと高感度を特徴とするフォトダイオードは、非常に低い光レベルの検出に適しており、CWレーザの低出力測定に最適です。熱センサーと比較して、フォトダイオードは動作のスペクトル範囲が制限されており、飽和値が低い(約1mW / cm2)ため、比較的高いパワーを測定する場合は、減衰フィルターを使用する必要があることがよくあります。一方、フォトダイオードは、超低出力の測定や、高速応答時間が必要な場合に最適です。 LaserPointのセンサーは、NISTおよびPTB規格へのトレーサビリティで校正されており、校正証明書とともに出荷されます。 LaserPointの一連のフォトダイオードは、最大500mWのパワーを測定でき、UVから近IRまでの波長範囲をカバーできます。 それらは、DB15接続またはUSBおよびRS-232コネクターで提供できます。

  •  低電力測定用の高感度検出器
  • 可視、UV強化、NIR検出器 (200nm〜1800nm
  •  ファイバーアダプターが利用可能(SMA、ST、FC、LC、SC
  •  NIST (アメリカ国立標準技術研究所) およびPTB(ドイツ物理工学研究所)のトレーサビリティ

注文方法:

Plus2 MeterへのDB15ヘッド接続のオプションなしで注文コードを選択

USB接続の注文コードに接続オプション「U」を追加します(PC-PLUGシリーズ)。

RS-232接続の注文コードに接続オプション「R」を追加します(PC-PLUGシリーズ)

langJA注文コードパワー範囲ディテクターのタイプパワー分解能有用なアパーチャースペクトル範囲冷却接続性
langJAPD-50-D9-UV10 µW - 50 mWSilicon100 nW9.5 mm200 - 1100 nmConvectionDB15
langJAPD-50-D9-VIS10 µW - 50 mWSilicon100 nW9.5 mm400 - 1100 nmConvectionDB15
langJAPD-50-D9-IR100 µW - 40 mWGermanium1 µW9.5 mm800 - 1800 nmConvectionDB15
langJAPD-500-D9-VIS100 µW - 500 mWSilicon1 µW9.5 mm400 - 1100 nmConvectionDB15