パワーとエネルギーを測定する熱的方法とは、放射エネルギーが吸収されて熱に変換され、それによってアブソーバーの温度が上昇するという方法です。 。 次に、吸収されたエネルギーは、高温領域(レーザが当たる場所)と低温領域(発生した熱が放散される場所)の間の温度勾配を考慮した関数によって測定されます。 この測定は、熱電対アレイ(サーモパイル)を使用して行うことができます。 温度差により、各単一の熱電対の端に電圧が生成され、結果として生じる合計電圧は、入射パワーまたはエネルギーに比例します。

LaserPoint社は、産業、医療、科学のあらゆる分野のアプリケーションで、UVから遠赤外線まで、すべてのレーザのパワーとエネルギーを測定するための最先端の検出器ヘッドをさまざまなファミリーを製造しています。 すべての熱センサーは、「長時間」のレーザ出力の測定を実行できます。 計測可能な最大パワーに応じて、従来の強制空冷と冷却水による冷却方法のいずれかが使用されます。 各熱センサーには、NISTおよびPTBトレーサビリティの証明書が付属しています。 温度センサーは、DB15またはUSBおよびRS-232コネクター(PC-plugオプション)で提供できます。